LifeRについて

 『LifeR』は、舞台を主軸として関東地域で活動を行っております。

 この文言の意味するところを考察することを目的に、生活の一コマを切り出すのではなく「生きる期間そのもの」を一個スケールとして捉え、現在は勿論、観る者の過去から未来の全てに深く及ぶ作品を様々な形で提供してゆきたいと考えております。

活動履歴

2006/1/19

ともあれ設立

2006/11/7~8

Stg:0『壺毒の病』上演

2007/4/21~22

Stg:1『或る一篇の諦念』上演

2007/11/16~18

Stg:2『A/M』上演

2008/10/17~19

Stg:3『鞄鞄』上演

2009/2/18~23

第一回笹塚演劇王決定戦参加
特別男優賞(宮本)

2009/6/12~14

Stg:4『Diopticon』上演

2010/3/6~7

Mixpalette:1『薄黒』上演

メンバー

MiyamotoKei

宮本 荊

 主宰。作・演出、および仕方なく出演。
 共感できる喜びより目に付かない痛みを、そこに在る小さな幸せより気付かない大きな不幸を書き、長い手足と薄幸な顔立ちでそれを体現する。

mk@lifers.jp

lifer_mkei

KawakamiYoshitaka

川上 嚴貴

 役者、新人。
 最若年ながらどこか昭和の匂いのする新成人。大志を抱いて上京した後、当サイトより応募してきた新メンバ第一号。普通に立っていても誠意が見え隠れする得なオーラをまとっているが、舞台に関しては限りなく未知数。

sio@lifers.jp

lifer_sio

次回公演・過去の公演

 次回公演の情報は「Next Stage」をご覧下さい。同ページから過去の公演情報もご覧になれます。

LifeRへのお問い合わせ、ご連絡は

『LifeR』および当サイトへのお問い合せは↓まで。

mail@lifers.jp

090-3082-9610(LifeR)

そのほかに

脚本を公開中

 「Stg:0『壺毒の病』」の上演台本(前半)を公開しています。

→「脚本ダウンロード」へ

「@liferlines」台詞のランダムツイート

 Twitter「@liferlines」にて、これまでの公演の台詞群を毎日ランダムにツイートしています。公演情報のページと併せてご覧下さい。